結婚で発生する大きな選択

「看護師は激務で、プライベートが無い」
というイメージを持っている人は多いです。しかし、決まった時間に帰れれば、案外自分の時間は確保できます。毎日残業しないで帰れるようにテキパキと仕事をこなしつつ、プライベートでは女としての幸せを追及している人がたくさん居ます。

そんな看護師が結婚する場合、退職するか仕事を続けるかは人生における大きな選択肢です。

寿退職をして専業主婦になる場合は、技術や知識をある程度得て、一人前と呼ばれる時期を過ぎてからが良いと思います。
それはなぜかというと、技術や経験があればいざという時すぐに復帰出来るからです。復帰する際、病院によっては休業中のブランクを埋める為の技術講習を受けられる場合があります。
更にいうと、「ブランクありの看護師歓迎、経験の無い人はNG」という求人も結構あるのです。ある程度の経験を積む前に退職した場合、ほとんど新人としてのスタートになる可能性があるため、いざ復帰しようとした時に、勤務できる病院を探すのに苦労してしまいます。

結婚後も続けて働く人の場合、結婚するタイミングはいつでも大丈夫でしょう。ただし、病院によっては家庭と仕事の両立がしづらい職場があるのも事実です。そういった時は、働きやすい環境を得るために転職を視野入れると良いでしょう。残業や夜勤が無い所であれば、比較的無理なく家庭との両立が出来そうです。将来子どもができた時のことを考えると、産休制度や育休制度が整っている病院だと安心できますね。