受け身な自分を捨てよう

「素敵な結婚がしたい」と思いつつ、いつの間にか適齢期を過ぎてしまい頭を抱える看護師は少なくありません。
婚期を逃す人には共通点があります。それは、結婚や出会いに関して受け身になってしまっていることです。職業や性別を問わず、受け身であることは婚期を逃す大きな原因と言えるでしょう。

特に看護師の場合は、仕事にばかり集中していると出会いが院内や施設内だけになるので、積極的になることが大切です。職場での出会いが限られていることを考えると、積極的に出会いを求めることが婚期を逃さない為には欠かせません。受け身な自分を捨てて積極的にコミュニケーションを取ることで、素敵な人と出会える機会は確実に増えますよ。

看護師の場合、「高収入で仕事が安定している」といった現実的な面を見る人や、「白衣の天使」というイメージで看護師に憧れを抱いている人も居るでしょう。どちらにしても、「看護師」というだけで興味を持ってもらえる可能性が高いです。相性の良い人と出会うことができれば、結婚まであっという間に話が進むこともあります。

適齢期内での結婚を目指すのであれば、結婚相談所を利用するのも良いでしょう。最近は夫婦共稼ぎを希望する人が多いので、手に職を持っている看護師は有利です。結婚相談所を利用する場合は相手も結婚を望んでいるので、トントン拍子に話が進む可能性があります。

良い相手に巡り会うため、まずは受け身な自分を捨てましょう。積極的に行動することで、婚期を逃さない可能性が高まります。
適齢期内の結婚を目指す人はこちらもチェック⇒【婚期を逃す「売れ残り女子」にならないために!